人物

【清水宏次朗】現在の病気は不安障害&アルコール依存症【シンソウ坂上】

タレントの清水宏次朗さんが、2020年2月19日放送の「直撃!シンソウ坂上【芸能人の病気克服SP」に出演されますね。

かつて、映画『ビー・バップ・ハイスクール』で、カリスマ的な人気を誇った清水宏次朗さん。

現在、清水宏次朗さんは、ある病によって、芸能生活の休止を余儀なくされているそうです。

今回、清水宏次朗さんの今現在について、調べた内容をまとめました。

現在の病気は不安障害&アルコール依存症

そして、2020年2月19日放送の「直撃!シンソウ坂上」で、現在の日常生活は、、、

  • つま先が上がらず、わずかな段差でもつまずいてしまう。
  • 歩行姿は背筋が曲がり足元も弱々しい。
  • 時には妻の手を借りなければ1人で歩けない時のある。

と、妻の介助がないと日常生活に支障が出る状態であることを明かしています。

果たして、病名は何でしょうか?

番組内での医師の診察の結果、清水宏次朗さんの病名は、「不安障害」であることが明らかになりました。

不安障害とは

不釣り合いなほど激しい不安が慢性的に、しかし変動しつつみられる状態。 不安症になると、発汗、息切れ、めまい、心拍数の上昇、ふるえなどの症状が現れたり、特定の状況を回避するようになったりする。

また、清水宏次朗さんの場合は、不安障害から、アルコールを摂取することが多くなり、アルコール依存症も併発していることが明らかになりました。

清水宏次朗さんは、芸能界という仕事柄、常に他人から見られているという意識から、不安障害になったようです。

 過去には更年期障害も発症

清水宏次朗さんは、2015年10月のテレビ番組に出演した際に、2014年5月から、更年期障害を発症していることを告白しています。

番組のインタビューで、清水宏次朗さんは、「普通に座っててもバターンといきなり倒れたり…手と足がブルブル震えちゃって」と、症状が現れていることを説明しました。

ただ、その一方で、「仕事のないときや暇な時は朝からお酒を飲み続けている」との語り、周囲が心配するような生活を送られていました。。。

アルコール依存症は、この頃から発症してたように思われますね。。。

現在は投薬と断酒で治療中

現在は、医師の指示で、投薬と断酒により、少しずつ回復に向けて、歩みを進められているそうです。

芸能活動もトークショーやライブ活動も少しずつ取り組まれているようです。

ほったらかしで副収入が得られる自動売買EAを無料配布中! 今すぐクリック!