プロフィール

はじめまして!kerorinと申します。

この度は、数あるホームページの中から本サイトにご訪問いただき、ありがとうございます!

私は、現在、30代で、会社員として働きながら、副業で、FXの裁量トレードと自動売買ツールを駆使して、会社員の給料と同じぐらいの金額を稼いでいます。

いわゆるサラリーマントレーダです!

都内在住のため、家賃や食費など、高い生活費がかかりますが、副収入があるおかげで、、、

  • 自分へのご褒美に、値段を気にせず、好きなランチやディナーを食べる♪
  • 週末は都内の銭湯やサウナやスパ巡り♪(ブログ名のkerorinは、銭湯でよく見かける黄色の桶「ケロリン」に由来)
  • 会社の給料に依存しない、FXの副収入だけでも生きていけるという心のゆとり♪

を得ることができています!

ただ、今のライフスタイルが得られるようになるまで、これまで様々な紆余曲折がありました。

このプロフィールでは、どのように現在の生活に至ったのかをご紹介します。

会社員の給料だけに依存することに疑問のある方

副収入を得たい方

将来に漠然とした不安のある方

にとって、お役に立てる内容が少しでも提供できれば、これに勝る喜びはありません。

少し長文になりますが、最後までお付き合い頂けるとうれしいです!

会社員として一生懸命働けば幸せになれると思っていた学生時代

わたしは、都内の下町で、ごくごく平凡な家庭で育ちました。

父は会社員として、母はパートとして働いていました。

会社員の父は、平日は忙しい日々を送っていましたが、仕事は充実していた様子で、家では、仕事の愚痴を言うことは一切ありませんでした。

毎朝、清潔なスーツ姿でスッキリした表情で通勤してる父の姿をみて、私は子供ながらに、「かっこいいな~」と思い、自分も将来サラリーマンになることに抵抗は感じませんでした。

サラリーマンになれば、父のように充実した生活が送れると思っていたからです。

そんな思いを抱きながら、小学校、中学校、高校、大学と順調に進学(アッ嘘です、大学受験は浪人しました苦笑)し、大学2年生になり、自分の将来を決める時期になりました。

この頃は、2006~2007年で、景気が緩やかに回復し、就職率も上昇。

就活は、完全な売り手市場でした。

今でも覚えているのが、当時のテレビで、就活の模様を特集した番組がありましたが、企業説明会で、企業の採用担当者が、椅子に座る就活生の傍でしゃがんで低姿勢で説明する姿が放送されていたことです。

テレビの報道のとおり、大学の先輩も、早々に内定をもらっていましたし、

「これだけの売り手市場なら、自分の就活も難しくなさそうだな、、、♪」

と、自分は楽観的に考えていました。

リーマンショックで史上最悪の就職氷河期に、、、

しかし、2008年にリーマンショックが到来

私が就活をスタートする2009年には、売り手市場から一転、戦後最悪の就職氷河期を迎えました。

このため、自分が当初志望していた多くの大手企業の募集枠が削減(もしくは採用を見送り)となり、就活競争が激化。

応募するも、あっけなく全滅でした。

その後は、就活の方向性を見直し、これまで志望していない業界にも視野を広げて、数多くエントリーシートを出すものの、書類選考で落とされ、面接にほとんど到達しない日々。。。

運良く、面接に進んでも、面接官からは、

「君は、うちの会社を最初から志望していなかったでしょ」

と言われ、一蹴されたこともありました。

この頃、大学の友人は、超就活氷河期に早々に見切りをつけ、一旦大学院に進学して、2年後に就職を先延ばして、就職戦線から離脱。

しかし、大学院に通う経済的余裕もなかった私にとっては、大卒で就職する選択肢しかありませんでした。

大学4年の夏休みになっても、内定がもらえず、猛暑の中、都内の高層ビルで行われた合同説明会や企業説明会に、汗だくになって、連日、足を運びました。

それでも、メールボックスには、「お祈りメール」が積み重なる日々。。。

2chの就職スレッドを見ながら、「内定が取れないのは自分だけじゃない、、、」と、自分で自分を励ます日々でした。

「自分の就活の取り組みは甘かったかもしれない。でも、たった1年の違いで、こんなにも就職の環境が変わり、振り回されるなんて、社会ってなんて理不尽なんだろう。。。」

当時の正直な心境でした。

何とか就職できたものの、、、

そして、必至の就職活動もあって、大学4年生の11月に、ようやく内定がもらえました。

就職したのは、都内の製造業関連の会社。

就活で「お祈りメール」を数多くもらった自分を採用してくれた会社には、本当に感謝していたので、入社後は、深夜残業も厭わず、がむしゃらに働きました。

そして、気がつけば、30代に。

自分の業務は、入社時と比べて、どんどん難しく多忙を極めるものの、給与明細をみると、手取りは、20万円を超えず。。。

高校や大学の友人は、順調に昇給し、手取り30万以上もらっている状況を知り、「このままでいいのだろうか、、、」と疑問を感じるようになりました。

給与面以外にも、職場を見渡すと、、、

自分の入社時から明らかに疲弊した、死んだ目の先輩社員

「現実ってこんなもんでしょ」っと妙な悟りを開いた若手社員

仕事をしない一方で、福利厚生の改善にはガンガン口を出す社員

部下にめんどくさい仕事はすべてまかせておいて、どうでもいいことに口を挟む上司

が目に付くようになり、「将来自分もこうなるのか、、、」と、もんもんとした気持ちになりました。

転職も考えましたが、就職氷河期に、自分の人生が翻弄される苦い経験を思い出し、考えを改め、、、

今が辛いのは、与えられた環境が悪いのではなく、自分が環境を選べるだけの実力がないからではないのか?

給料以外に、自分で稼げる力を身に着けた方が、自分の将来に希望が持てるんじゃないか?

と考え、パソコン1台でできる副業に挑戦することを決意しました!

具体的には、「トレンドブログ」「FX」です。

自分が取り組んだ副業①:トレンドブログ

トレンドブログというのは、世の中で話題になっていること、多くの人が知りたいことを記事に書いて、アクセスを集め、記事に貼り付けた広告を、読者にクリックしてもらうことで、収益が発生するビジネスモデルです。

これまで、私は、ブログ自体と立ち上げた経験すらなかったため、「実績のある人に習った方が早く収益が出るんじゃないか?」と考え、トレンドブログを教えるコンサルを受けることにしました。

そのコンサル受講料は、教材費や音声コンサル料込で、トータルで約80万円!!!

自分の給料の何倍にもなるコンサル料ですが、本気で副業で成果を上げたいと思っていたので、自分を追い込む意味でも、意を決して支払いました。

覚悟を決めて始めたものの、トレンドブログの立ち上げから1~2か月目は、わずか数千円の利益だったので、

「まったく稼げなかったどうしよう、、、」

と不安で押しつぶされそうでした。

しかし、コンサルタントの指導の下、コツコツと記事を執筆し、ブログ立ち上げに4か月目には、10万円を突破し、6か月目には、70万円を突破しました!

「これでコンサル料分は稼げたから、ここからの収益は自分の収入になるぞ♪」

と、当時はワクワクしていました。

しかし、そんな状態も束の間。。。

数か月後に、グーグルが検索順位を大幅に入れ替える大型アップデートを実施!

突然、アクセスを集めていた記事が検索圏外に飛ばされました、、、(泣)

当然アクセスも激減し、月数十万あった収益はものすごい勢いで悪化し、、、、

ついには、2万円を切りました。。。

既にお気づきかもしれませんが、このブログにある投資以外の記事は、トレンドブログを実践していたときに、全て自分が書いていた記事です。

その数、約900記事。

この900記事には、仕事終わりにヘトヘトで書いたもの、休日に外で遊びたいときに家に引きこもってコツコツと書いたもの、睡眠時間を削って早起きして書いたものばかりです。

しかし、その大部分が、グーグルの大型アップデートにより、一瞬で検索ページ圏外に。

自分のトレンドブログに対するモチベーションは完全に崩壊しました。

(トレンドブログの記事で、私のプロフィールにたどり着いた方、閲覧いただき、ありがとうございます!)

自分が取り組んだ副業②:FX

トレンドブログを始める以前から、投資にも興味があり、24時間取引が可能なFXにも挑戦していました。

これも、トレンドブログと同様に「実績のある方に習った方が早いだろう」と考え、オンラインで、トレーダーから指導が受けられるFX塾に通いました。

1年間の受講料は50万円^_^;

しかし、最初のうちは、先生の教わる通りにトレードしようとしても、なかなかうまくいきません。

  • 注文のロット数を間違えて想定の倍の損失を出してしまった
  • 自分が買いで注文した直後に、相場が下落するのをたびたび経験し、「誰かが自分のトレード画面を覗いているんじゃないか」と本気で疑う
  • エントリー中、損益が気になりすぎて、日中の仕事が手につかない
  • 順張りと思ってエントリーしたつもりが逆張りだった
  • 指標発表でスプレッドが開いてしまうFX会社を利用していたので、思わぬロスカットを食らう
  • チャンスじゃないのにエントリーしたい衝動にかられ、間違ったエントリーで損失を出し、逆に、連敗した影響で、チャンスなのにエントリーできなくなる

など数々の失敗経験をし、1年目は、マイナスで終わり、利益を出すことができませんでした。

しかし、それでもめげずに、平日の昼休みや帰宅後の時間は、チャート分析の勉強に費やし、休日は、平日のトレードストーリーに問題がなかったのかを自己反省することで、収益は徐々に改善していきました。

2年目は、年間利回りが数パーセントですが、ようやくプラスに。

そして、3年目には、年間二ケタ利回りを達成することができました!

自動売買ツール(EA)との出会い

裁量トレードが軌道に乗ってきた頃に、出会ったのが自動売買ツール(EA)です。

裁量トレードを勉強したころは、自動売買できるツールがあることを全く知りませんでしたが、とあるビジネスコミュニティに所属した際に、初めて知りました。

仕事の合間をぬって、限られた時間で、裁量トレードをしていた自分にとっては、目から鱗で、、、

「自分が仕事している間にも、相場を監視してくれて、チャンスがあれば、取引してくれるなんて、なんて素晴らしいツールなんだろう!」

と、素直に感動しました。

そして、たまたま、質の良い自動売買ツールに出会えたため、実際に稼働したところ、すぐに収益が発生!

裁量トレードの収益を合わせて、会社員の給料と同じくらい稼ぐ月を初めて経験することができました!

うれしい反面、あんなに苦労して身に着けた裁量トレードとは対照的に、稼働後にすぐ収益が発生する自動売買ツールには、正直、複雑な気持ちでした、、、苦笑

ただ、世の中で、数多くの自動売買ツールが出回っている中で、質の良い自動売買ツールだと思い、稼働できたのは、自分の裁量トレードで培った経験が活きたのだと思います。

最後に、、、

ここまで、長い文章を読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

上記を読んでお分かりのとおり、自分は、決して器用な人間ではありません。

失敗を重ね、遠回りをしながら、今の状態に辿りつきました。

会社の給料に依存せず、副収入でも最低限生きていける状態になったことで、不思議ですが、会社で仕事をすることが、以前よりも、嫌ではなくなりました。

「本当に会社が苦痛で嫌になったら、いつでも辞められるし、今働いている環境は、そこまで悪くないかな。」

と、客観的に、冷静に今の自分を捉えることができるようになりました。

それは、会社以外の収入源を得たことが、自分の選択肢を広げてくれ、心の余裕を生んでくれたのだと思います。

自分は、リーマンショックでの就職氷河期の経験から、世の中がある日突然、思いもよらぬ変化が訪れ、人生が翻弄されることを痛いほど経験しました。

ここまで読んでくださった方の中には、「会社の収入源だけで生活することに疑問を持つ方」「経済的に将来に漠然とした不安を抱えている方」もいると思います。

私もかつて同じ思いを抱いていました。

そして、自ら行動を起こし、失敗を積み重ねながらも、FXトレードの収入という、自分の人生を支える大きな柱を作り上げました

このブログでは、これまでのトレードの経験を活かし、初心者の方でも使える有益な自動売買ツールを紹介していきたいと思いますので、少しでもお役に立てたら、うれしいです!

「道は遠くても歩めば近づく」

ぜひ、今日から少しずつ、自分の人生をより良い方向に変えていきましょう!

ほったらかしで副収入が得られる自動売買EAを無料配布中! 今すぐクリック!