人物

間瀬翔太の経歴・現在や顔画像は?難病の脳動静脈奇形で顔面崩壊?

こんにちは、kerorinです。

さて、12月13日(金)「爆報!THEフライデー」(夜7:00-8:00)に、俳優の間瀬翔太さんが出演されることで話題を呼んでいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あいきけんた(@kentaaiki)がシェアした投稿

番組では、間瀬翔太さんが患った10万人に1人「脳動静脈奇形」との日々を告白する内容となっており、放送前から反響を呼んでいます。

個人的には、お恥ずかしながら、この爆報フライデーの出演を知るまで、間瀬翔太さんのことを知りませんでした。。。

そこで、間瀬翔太さんがどんな人物なのか、難病の脳動静脈奇形はどんな病気なのかを調べてみました。

間瀬翔太の顔画像や経歴・プロフィール・現在は?難病の脳動静脈奇形で顔面崩壊?

 

この投稿をInstagramで見る

 

間瀬翔太(@shota_mase)がシェアした投稿


まずは、間瀬翔太さんの経歴・プロフィールについてです。

名  前:間瀬翔太(ませしょうた)
生年月日:1986年4月27日(33歳)
血 液 型:A型
出  身:北海道夕張市
身  長:164cm

北海道夕張市出身の間瀬翔太さんは、2004年にスカウトされアイドルグループ「BLIZZARD(ブリザド)」のメインボーカルとして芸能界デビュー。

2006年にグループは解散しますが、その後は、イケメン俳優として活動を開始し、映画、テレビドラマ、バラエティー番組など、さまざまな番組で活躍。

アーティスト活動では、2018年に、自身の新曲「Butterfly Effect」がドラマ『家政婦は見た!』のエンディングテーマとして採用されました!

そして、世界的監督・園̪子温氏の出演オファーにより、椎名桔平さん主演の映画「愛なき森で叫べ」でサブロー役で出演を果たしました。

そんな順風満帆なキャリアを築いていた、間瀬翔太さんに突如病魔が襲います。

2019年6月に風邪のような頭痛を感じたのが始まりで、その際は、病院で処方された風邪薬を飲んで回復を試みたものの、一カ月経っても頭痛が治まることはなかったそうです。

そして、7月半ばに、新曲のレコーディングの最中、突如、後頭部が壁にぶつかるような、これまでに感じたことのない激しい頭痛を感じ、さらに、記憶障害も発症したため、病院で検査を受けた結果、「脳動静脈奇形」だと判明したそうです。

その時の間瀬翔太さんのインスタがコチラです↓

「脳動静脈奇形」について調べたところ、国立循環器病研究センターHPで次のような記載がありました。

「脳動静脈奇形」とは、脳の中で異常な動脈と静脈が毛細血管を介さず直接つながり、この部分がとぐろを巻いたような塊(ナイダスと呼ばれます)となっている状態の血管奇形です。正常な血管に比べて壁が薄く、破れやすいです。破れると脳出血、くも膜下出血となります。破れなくてもけいれんや手足の麻痺で見つかったり、たまたま検査などで見つかったりすることもあります。動静脈奇形は一部の例外をのぞき、遺伝する病気ではありません。

wikipediaによると、10万人に1人の難病で、芸能人としては初の罹病だそうです。

そして、2019年8月9日に、間瀬翔太さんは、7時間にも及ぶ大手術を受けます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

間瀬翔太(@shota_mase)がシェアした投稿

手術は無事終えても、開頭手術を行うと、上記の写真のとおり、術後、顔がみるみる腫れていったそうです。

ご本人にっては、本当に辛い時間でしたでしょうね。。。

その後、2019年8月に退院。

間瀬翔太さんは、通院・リハビリを続けながら、現在、芸能活動に少しずつ復帰の道を歩み始めています。

現在の間瀬翔太さんの顔画像がこちらです↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

間瀬翔太(@shota_mase)がシェアした投稿

現在は、自身の難病体験を踏まえ、「脳動静脈奇形」の難病指定に向けた署名活動も続けられているということです。

まとめ

今回は、「間瀬翔太の経歴・現在や顔画像は?難病の脳動静脈奇形で顔面崩壊?」と題しまして、間瀬翔太さんのこれまでの経歴をまとめてみました。

難病の脳動静脈奇形の手術を乗り越えられた間瀬翔太さんが、12月13日の爆報フライデーで何を語るのか、注目したいと思います。

今回は、ここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。