FX・自動売買EA

【簡単】VPS契約からEA設置まで実際にやってみた!

こんにちは。keorinです。

さて、EAのメリットといえば、24時間FX相場を監視して、自動で取引してくれるところですが、そのメリットを最大限発揮するには、VPSが必要です!

この記事では、実際に、VPS契約を行い、VPS上で実際にEA設置まで行った流れを紹介します。

VPS上でEAを稼働したことがない方は、参考にしてみてください^ ^

VPSって何?なぜEAに必要?

VPSは、「Virtual Private Server(バーチャル・プライベート・サーバー)」の略称で、「仮想専用サーバー」と呼ばれるものです。

VPSのサービスを提供する企業と契約することで、「自分のパソコン」から遠隔操作で、契約したVPS会社のサーバーが使用できるようになります。

噛み砕いて言うと、自分のパソコンから遠隔操作で、もう一台、パソコンが使えるようになります。

こんな状態です↓

自分のパソコンから、VPS上のデスクトップ画面(赤枠内)にアクセスしています。

そして、ポイントなのが、VPS上のパソコンは、自分のパソコンを電源OFFにしても、24時間稼働させ続けることが可能です。

「自分のパソコンも24時間稼働できるけど、、、」

たしかに、自分のパソコンのスイッチを入れっぱなしにすればいいので、やろうと思えばできますが、物理的に次のようなリスクがあります

  • 地震、台風、雷雨による停電
  • 予期せぬソフトウェア更新
  • ネット回線の途切れ
  • 漏電・故障

もし、↑の影響で、EAが正常に稼働せず、決済ができなかったら、思わぬ損失を出す可能性があります。

でも、VPS上でEAを稼働すれば、自分のパソコンが、↑の影響で電源OFFになったとしても、正常にEAは稼働し続けてくれます。

もちろん、VPS側の不具合の可能性もありますが、自分のパソコンよりはずっと安全といえるでしょう。

実際にVPS契約してみた

ここからは、実際にVPS契約をした流れを紹介します。

今回は、当サイトで紹介しているEA「ウルフ」や「ビースト」の開発スタッフがおすすめしている「ABLENET(エイブルネット)のWin2 SSDプラン」で契約しました。

①ABLENETへアクセス

ABLENET  ←コチラをクリックしてアクセスできます

②Win2プラン選択

③ストレージは「SSD」を選択

④支払い方法を選択

※試用期間はクレジットカード支払いのみ選択できます

⑤同意事項の確認

⑥サーバー契約期間

年払いが割引率が高くてお得です♪

⑦RDSライセンス

自分だけの利用で、自分のパソコンで遠隔操作するのであれば、「0」でOKです。

⑧WindowsServerのバージョン選択

「WindowsServer2012R2」を選択します。

⑨申込者情報を記入

必要事項を入力します。

⑩支払情報の入力

最後に、支払情報を入力して、申し込み完了です。

登録したメールアドレスに、「お申し込み受付お知らせ」「[ABLENET:VPS] VPS(Winプラン) 設定完了通知」が届いたら、無事、契約完了です。

自分のパソコンからVPSにアクセス

では、契約したVPSに、自分のパソコンからアクセスしてみます。

①スタートメニューから「Windows アクセサリ」→「リモートデスクトップ接続」を選択

②オプションの表示をクリック

③「コンピューター」「ユーザー名」にABLENETからメールされた【 WindowsServer設定情報 】を入力

ABLENETからのメール「[ABLENET:VPS] VPS(Winプラン) 設定完了通知」で、送られてきた【 WindowsServer設定情報 】の「コンピューター」と「ユーザー名」を入力します。

入力後に、「接続」をクリックします。

④パスワード入力

ABLENETからのメール「[ABLENET:VPS] VPS(Winプラン) 設定完了通知」で、送られてきた【 WindowsServer設定情報 】のパスワードを入力して、「OK」をクリックします

※証明書エラー

↑の画面が出ることがありますが、ABLENETのサイトを確認したところ、、、

パソコンからリモートデスクトップ接続を行おうとした際、『証明書エラー』が表示される場合がございます。

これは、接続先VPSに公的証明書がインストールされていないため、認証に失敗したことを表すものです。
(利用PCがWindowsXP以前の場合は認証機能がないため、このエラー表示はありません)

このエラーは、実質的なご利用には差し障りがございませんので、証明書をご自身で準備する程ではないとお考えの場合、無視して進めることが可能です。

『証明書エラー』が表示された際に、「これらの証明書エラーを無視して接続しますか?」で「はい」を選択することで、接続・利用してください。

引用:ABLENETのサイト

ということでしたので、「はい」を選択して、OKです。

VPS上のデスクトップ画面

↑のウインドウが開けば、VPSへアクセス完了です。

VPS上でのEA設置

VPS上でのEA設置は、自分のパソコンでEAを設置するのと大きな違いはありません。

VPS上の設置手順
  1. 自分のパソコンに、取引プラットフォーム(MT4)とEAのSetupファイルをそれぞれダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを、VPS上のデスクトップへコピー&ペースト
  3. VPS上で、取引プラットフォーム(MT4)のSetupファイルを開いてインストール
  4. VPS上で、EAのインストールのSetupファイルを開いてインストール
  5. MT4でEAを稼働

VPS上へ、Setupファイルを移すステップが増えるだけです。

Setupファイルは、↓のように、VPS上のデスクトップのウインドに、コピー&ペーストを行います。

あとは、③~⑤の手順を踏めば、VPS上で、EAの稼働が完了です。

VPS上のEA稼働の様子

あとは、EAが、24時間、FXで稼いでくれます♪

VPS契約は難しくありませんので、EAを使う方は、是非VPSを稼働しましょう!

EAの具体的な設置方法は述べませんでしたが、当ブログが紹介しているEAは、わかりやすいマニュアルやサポート体制を提供しています。

月利100%越え!超攻撃型自動EA「ウルフ」を限定無料紹介!こんにちは。kerorinです。 さて、FXの自動売買EA市場で、月利100%越えの実績を出す超攻撃型・自動EA「ウルフ」が話題に...

*************************************

記事を最後までご覧いただきありがとうございました!

今後も、kerorinのサイトでは、FXトレードについて、価値ある情報を提供していきます!

また、Lineに登録していただいた方限定で、このサイトで紹介しているEAを紹介しています。

無料配布のEAもありますので、興味のある方はぜひ登録してみてください♪

Line登録は下記アイコンからお願いします!

友だち追加

ほったらかしで副収入が得られる自動売買EAを無料配布中! 今すぐクリック!