天気

台風1号2020いつ日本上陸?米軍・ヨーロッパ進路予想は?

さて、今年初の台風1号「ヴォンフォン」が発生しました。

昨年の台風は、日本列島を直撃して、甚大な被害をもたらしましたが、今年初の台風の進路はどうでしょうか?

この記事では、2020年台風1号がいつ日本に上陸するのか、米軍・ヨーロッパ予想も含めて掘り下げました。

2020年台風1号がいつ日本に上陸するのか?

こちらが、5月16日時点の台風1位2020の予想進路です。

現在は、南シナ海を北上している状況です。

ウェザーニュースの進路予想では、5月18日の15時には、沖縄の石垣島に近づく恐れがありますが、温帯低気圧に変わる見込みのようですね。

台風の強さは、どうなのでしょうか?

台風の強さは、気象庁が、最大風速によって、次のように階級分けを行っています↓

台風の強さ

【強 い】   最大風速 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
【非常に強い】 最大風速 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
【猛烈な】   最大風速 54m/s(105ノット)以上

ウェザーニュースでは、現在の最大風速を「18m/s」と報道してます。

なので、今回の台風1号は、そこまで強い台風ではないようですね。

ちなみに、昨年10月に甚大な被害をもたらした台風19号がコチラでした↓

【参考】台風19号2019

最大風速が、55m/sだったということで、いかに強い台風だったということがわかります。

ただ、台風1号2020も、台風であることは変わりないので、警戒は必要ですね。

2020年台風1号の米軍・ヨーロッパ進路予想は?

上記の進路図をご覧ください。

こちらが、米軍合同台風警報センター(JTWC)の台風進路予想図になります。

JTWCでは、現在、5月17日までの進路予想を出していますが、南シナ海を北上し、沖縄諸島に徐々に近づく進路を予想しているようです。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想をみてみましょう。

2020年5月17日|ECMWFによる予想位置

2020年5月18日|ECMWFによる予想位置

進路予想図は、南アジアのマップになっていて、右上に西日本があります。

そして、台風1号2020の位置は、赤丸になりますが、南シナ海を北上し、5月18日には、沖縄諸島に近づく進路になっています。

日本のウェザーニュースと同じ進路予想になっていますね。

台風1号2020の発生にネットの反応?

今年初の台風ということで、昨年の台風の被害を思い起こす方が多く見受けられました。

とくに、今年は、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、「3密」を意識した取り組みがされていますが、もし、台風が大型で、避難所に行くことになった場合の「3密」対策を心配する方も声もありました。

今年の台風は、新型コロナウイルスの感染防止も併せて配慮する必要があるので、より一層の警戒が必要になりそうですね。

日頃から、大型台風が来た場合の準備をしておいた方がよさそうです。

今回は、ここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ほったらかしで副収入が得られる自動売買EAを無料配布中! 今すぐクリック!