交通

上越新幹線年末年始2020-2021の帰省ラッシュ混雑ピーク予想!Uターンも

さて、今年も残すところ、あと2か月を切り、年末年始の計画を立て始める方もいると思います。

そして、年末年始に旅行や帰省をしようとなると、当然、飛行機に乗る必要が出てくる方もいらっしゃるかと思います。

でも、年末年始の時期は、新幹線は混雑しますよね。

特に、帰省ラッシュとUターンラッシュの新幹線の混雑は、もはや、年末年始の風物詩と思われるほどのすさまじいものです。

テレビで、帰省ラッシュやUターンラッシュのニュースは、毎年報道されていますよね!

まさに、年末年始っという風景ですよね!

にしても、新幹線ホームの混雑はすごいですね。

年末年始の時期に新幹線が混雑するのは仕方がないことですが、混雑する日がある程度予想できれば、年末年始の新幹線利用に際して、準備や段取りがしやすいですよね♪

そこで、今回は、「上越新幹線年末年始2020-2021の帰省ラッシュ混雑ピーク予想!Uターンもと題し、上越新幹線年末年始2020-2021帰省ラッシュ混雑ピーク予想やUターンについて予想した内容をまとめましたので、みなさんの参考になると幸いです!

年末年始2020-2021のお休みはいつからいつまで?

まずは、年末年始のお休みの期間は、一般的にいつからいつまでなのでしょうか?

政治家・公務員などの官公庁の年末年始のお休みについては、法律によって日にちが定められており、毎年12月29日〜1月3日までの6連休です。

今年の年末年始2020-2021の曜日の配置は、次のとおりです。

12月28日(月)

12月29日(火)

12月30日(水)

12月31日(木) 大晦日

1月1日(金) 元旦

1月2日(土)

1月3日(日)

1月4日(月)

ということで、土日がお休みの方は、年末年始は6連休になりそうです。

2019年-2020年の年末年始は、土日がお休みの方だと、9連休でしたので、今回の連休は、それに比べると、少し物足りないですね。。。

上越新幹線年末年始2020-2021の帰省ラッシュのピークは?

まず、上越新幹線年末年始2019-2020の帰省ラッシュのピークはいつになるのでしょうか?

これについては、JR東日本(東北・秋田・山形・上越・北陸)の年末年始の指定席予約状況が参考になると思います。

過去4年間の年末年始の指定席予約状況を調べたところ、次のとおりでした。

<2016年の指定席予約状況>
下りピーク:12月30日(金)

<2017年の指定席予約状況>
下りピーク:12月30日(土)

<2018年の指定席予約状況>
下りピーク:12月29日(土)

<2019年の指定席予約状況>
下りピーク:12月30日(月)

ということで、12月29日~30日と、年末年始休暇の初めにピークを迎えています。

ということで、上越新幹線お盆2020の帰省ラッシュのピークは、年末年始休暇の12月30日(水)になるのではないかと予想されます。


上越新幹線お盆2020-2021のUターンラッシュのピークは?

では、上越新幹線のUターンラッシュのピークはいつになるのでしょうか?

これについても、JR東日本の年末年始期間の指定席予約状況が参考になると思います。

過去4年間のお盆期間の指定席予約状況を調べたところ、次のとおりでした。

<2017年の指定席予約状況>
上りピーク:1月3日(火)

<2018年の指定席予約状況>
上りピーク:1月3日(水)

<2019年の指定席予約状況>
上りピーク:1月3日(木)

<2020年の指定席予約状況>
上りピーク:1月3日(金)

ということで、過去4年間は、1月3日が上りピークだったようです。

一般的な年末年始休暇は、1月3日なので、年末年始休暇の最終日にピークを迎えているようですね。

2020年-2021年についても、Uターンラッシュは、1月3日にピークを迎える可能性が高いです。

まとめ

今回は、「上越新幹線年末年始2019-2020の帰省ラッシュ混雑ピーク予想!Uターンも」と題し、上越新幹線年末年始2019-2020帰省ラッシュ混雑ピーク予想やUターンについて予想した内容をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事では、過去4年間の年末年始期間の指定席予約状況を参考に、年末年始の帰省ラッシュやUターンラッシュの混雑ピークについて予想したところ、上越新幹線お盆2020の帰省ラッシュのピークは、年末年始休暇の12月30日と予想されます。

一方で、Uターンラッシュは、1月3日にピークを迎える可能性が高いです。

今回は、ここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!