交通

セントレア年末年始2019-2020混雑予想!時間帯や保安検査場は?

こんにちは。kerorinです。

さて、今年も残すところ、あと3か月を切り、年末年始の計画を立て始める方もいると思います。

そして、年末年始に旅行や帰省をしようとなると、当然、飛行機に乗る必要が出てくる方もいらっしゃるかと思います。

でも、年末年始の時期は、空港が大変混雑しますよね。

中部地方でいえば、セントレアについては、年間乗降客数が日本国内空港8位の約1200万人!という大きな空港ですので、年末年始の混雑は相当なものになると思います。

年末年始に空港が混雑するのは仕方がないことですが、混雑する日や時間帯がある程度予想できれば、年末年始の空港利用に際して、準備や段取りがしやすいですよね♪

そこで、今回は、「セントレア年末年始2019-2020混雑予想!時間帯や保安検査場は?」と題し、セントレア(中部国際空港)の年末年始2019-2020の混雑予想をはじめ、検査場の混雑時間帯について調査した内容をまとめましたので、みなさんの参考になると幸いです!

年末年始2019-2020のお休みはいつからいつまで?

まずは、年末年始のお休みの期間は、一般的にいつからいつまでなのでしょうか?

政治家・公務員などの官公庁の年末年始のお休みについては、法律によって日にちが定められており、毎年12月29日〜1月3日までの6連休です。

今年の年末年始2019-2020の曜日の配置は、次のとおりです。

12月28日(土)

12月29日(日)

12月30日(月)

12月31日(火) 大晦日

1月1日(水) 元旦

1月2日(木)

1月3日(金)

1月4日(土)

1月5日(日)

ということで、土日がお休みの方は、12月28日(土)~1月5日(日)の9連休になります!

セントレア(中部国際空港)年末年始2019-2020の最も混雑する時期は?

セントレア(中部国際空港)が混雑するのはいつなのでしょうか?

こちらについては、セントレア(中部国際空港)についてではないですが、国内航空会社がこれまで発表した「2018年~2019年の年末年始期間の予約状況」、「2017年~2018年の年末年始期間の予約状況」に関するデータが参考になると思います。

<国内線の予約状況(2018年12月28日~2019年1月6日)>
●ANA
提供座席数(前年比):181万3798席(97.2%)
予約数(前年比):137万6378人(96.5%)
予約率(前年比):75.9%(-0.5pt)
下りのピーク:12月28日~31日
上りのピーク:1月2日~6日
●JALグループ(JAL、J-AIR、HAC)
提供座席数(前年比):121万1217席(102.7%)
予約数(前年比):92万5051人(101.1%)
予約率(前年比):76.4%(-1.2pt)
下りのピーク:12月28日~31日
上りのピーク:1月4日~5日

<国際線の予約状況(2019年12月28日~2019年1月6日)>
●ANA
提供座席数(前年比):34万5806席(96.2%)
予約数(前年比):29万5005人(98.5%)
予約率(前年比):85.3%(+2.0pt)
下りのピーク:12月28日~29日
上りのピーク:1月5日~6日
●JAL
提供座席数(前年比):32万6864席(%)
予約数(前年比):29万4023人(%)
予約率(前年比):90.0%(+0.5pt)
下りのピーク:12月29日
上りのピーク:1月5日~6日

(出典:トラベルWATCH)

<国内線の予約状況(2017年12月28日~2018年1月3日))>
●ANA
提供座席数(前年比):130万7735席(95.4%)
予約数(前年比):103万4397人(99.7%)
予約率(前年比):79.1%(+3.4pt)
下りのピーク:12月28日~31日
上りのピーク:1月2日~3日
●JALグループ(JAL、J-AIR、HAC)
提供座席数(前年比):82万6956席(101.9%)
予約数(前年比):65万8502人(103.4%)
予約率(前年比):79.6%(+1.1pt)
下りのピーク:12月28日~31日
上りのピーク:1月2日~3日

<国際線の予約状況(2017年12月28日~2018年1月3日)>
●ANA
提供座席数(前年比):25万1431席(103.8%)
予約数(前年比):21万1259人(104.5%)
予約率(前年比)84.0%(+0.6pt)
日本発のピーク:12月28日~30日、1月2日
日本着のピーク:12月28日、1月2日~3日

●JAL
提供座席数(前年比):21万3357席(101.3%)
予約数(前年比):19万4246人(103.1%)
予約率(前年比):91.0%(+1.6pt)
日本発のピーク:12月28日~30日、1月2日~3日
日本着のピーク:1月2日~3日

(出典:トラベルWATCH)

ということで、例年の傾向は、上り(日本発)のピークは、年末年始のお休み初日で、下り(日本着)のピークは、年末年始のお休み終盤のようです。

なので、年末年始2019-2020において、セントレア(中部国際空港)が特に混雑するのは、12月28日(土)~29日(日)、1月4日(土)~5日(日)と予想されます。

セントレア(中部国際空港)年末年始2019-2020のカウンターと保安検査場の混雑は?

セントレア(中部国際空港)年末年始2019-2020の混雑がどのくらいになるのか気になりますよね。

具体的にイメージするために、年末年始ではないですが、夏休み期間中のセントレアの混雑の様子をみてみましょう。

ということで、カウンター前はすごい行列ですね!

この行列だと、カウンターの荷物預けにも、30分以上かかってしまうのではないでしょうか?

あくまで、夏休みの混雑の模様でしたが、年末年始2019-2020も、同様の混雑状況になるのではないかと予想されます。

また、セントレアの公式ホームページにおいて、保安検査場の混雑時間帯について、次のような案内をしています。

[国際線] 午前8:20~午前9:45
[国内線] 午前7:00~午前8:00

国内線については、具体的に、次のような混雑状況になるようです。


(出典:セントレア公式ホームページ)

また、セントレアの公式ツイートで、2018年の年末に、次のような投稿をしております。


ということで、チェックインカウンターと同様の混雑が予想されます。

こちらも十分な余裕を見たほうがよいですね!

なお、日本航空会社ANAでは、混雑時期(年末年始、ゴールデンウィーク、お盆)などの大型連休期間の搭乗手続きについて、次のような案内を出しています。

ご出発までの流れ

ご搭乗までの各目安時間をあらかじめご確認ください。

●混雑時期のご案内[国内線]
手 荷 物:40分前までにお預けください
保安検査場:30分前までにご通過ください
搭 乗 口:20分前までにお越しください

混雑時期のご案内[国際線]
手 荷 物:お早めにお預けください
保安検査場:60分前までにご通過ください
搭 乗 口:30分前までにお越しください

(出典:ANA公式サイト)

まとめ

今回は、「セントレア年末年始2019-2020混雑予想!時間帯や保安検査場は?」と題し、セントレア(中部国際空港)の年末年始2019-2020の混雑予想をはじめ、検査場の混雑時間帯について調査した内容をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

通常、国内線利用の場合、空港には出発1時間前に到着、国際線利用の場合、空港には出発2時間前に到着との案内がありますが、年末年始の場合は、混雑や行列を考慮して、プラス1時間の余裕を加えたほうが良いですね。

つまり、国内線利用の場合は空港に出発2時間前に到着、国際線利用の場合は出発3時間前に到着した方がよさそうです。

また、空港で、外貨両替や空港WIFIをレンタルされる場合は、さらに時間に余裕をもたせたスケジュールを組むようにしましょう。

今回は、以上とさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。