未分類

【クルーズ船】コロナウイルス感染者の病院はどこ?静岡の受け入れ先は?

中国湖北省武漢市の発端に、世界中で猛威を振っている新型コロナウイルス。

日本国内でも感染者情報が続々と報道されていますが、横浜に着岸した、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、61人の新型コロナウイルス感染が確認されました。

そして、静岡県が、新型コロナウイルスに感染した乗客を県内医療機関が受け入れることを発表しました。

そのため、静岡のどこの病院が受け入れ先なのか?話題となっています。

この記事では、このあたりを掘り下げました。

【クルーズ船】新型コロナウイルス感染者の病院はどこ?静岡の受け入れ先は?

静岡県が、クルーズ船で新型コロナウイルスに感染した乗客を、県内医療機関に受け入れるとの発表を受けて、ネット上で、どの病院なのかが、話題となっています。

結論から申し上げると、、、

感染者の入院先は、公表されていません。

ただし、新型コロナウイルス感染者の入院先は、限定されています。

理由は、次のとおりです。

新型コロナウイルス感染者の入院先は指定

1月28日に、日本政府は、中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法に基づく「指定感染症」に指定する政令を閣議決定しました。

指定感染症には、感染力や重症度などに応じて1類感染症から5類感染症まで分類されます。


出 典:「新型肺炎】指定感染症になるとどうなる?」

1月29日現在、新型コロナウイルス感染症を、どの分類にするかは指定されていません。

ただし、新型コロナウイルスは、同じコロナウイルス「SARS」「MERS」と同様に、政令により、2類感染症に指定される方向で進められているとの報道があります。

そして、感染性や病原性の強い1類感染症、2類感染症は、診療する医療機関が定められています。

静岡県内の指定医療機関は、次のとおりです。

【特定感染症指定医療機関】※「未知の病原体による感染症」と認定された新感染症を含め1類・2類感染症の診療

なし

【第一種感染症指定医療機関】※1類感染症と2類感染症の診療
静岡市立静岡病院

【第二種感染症指定医療機関】※2類感染症の診療
下田メディカルセンター
公益社団法人地域医療振興協会 伊豆今井浜病院
国際医療福祉大学 熱海病院
裾野赤十字病院
富士市立中央病院
静岡市立静岡病院
市立島田市民病院
磐田市立総合病院
掛川市・袋井市病院企業団立 中東遠総合医療センター
浜松医療センター
浜松市国民健康保険佐久間病院
静岡県立総合病院
静岡済生会総合病院
藤枝市立総合病院
独立行政法人国立病院機構 天竜病院
社会福祉法人聖隷福祉事業団 総合病院聖隷三方原病院
名古屋第二赤十字病院

出典:厚生労働省HP

上記の病院いずれかが、新型コロナウイルス感染者の受け入れ先になると思われます。