未分類

【コロナウイルス】北海道のどこの病院?市立札幌病院?【日本人感染者】

中国湖北省武漢市の発端に、世界中で猛威を振るいつつある新型コロナウイルス。

そして、1月28日、中国武漢市から北海道を訪れていた40代の中国人女性が新型コロナウイルスに感染していたことが判明しました。

道内での患者の確認は初めてで、日本人感染者は7例目です。

ネット上では、この女性の入院先、どこの病院なのかが話題になっています。

この記事では、このあたりを掘り下げてみました。

【新型コロナウイルス】北海道感染者の概要

感染者 ※1月28日厚生労働省発表

(1)年 代: 40代
(2)性 別: 女性
(3)居住地: 中華人民共和国(湖北省武漢市)
(4)症状、経過:
1月21日に来日し、22日より北海道を観光。
1月26日 体調不良のため外出せず。夜間に咳、発熱あり。
1月27日 道内の医療機関を受診、入院。胸部レントゲン検査にて肺炎像。
1月28日 熱は残っているが、容態は安定している。
(5)行動歴:
1月21日、2名で来日し東京都内の知人宅に宿泊。
1月22日、3名で東京から北海道に移動して観光。
1月26日は体調不良のため外出せず。
なお、日本に来てからはマスク着用。武漢市の華南海鮮城(海鮮市場)の訪問は無い。

【新型コロナウイルス/日本人感染者】北海道のどこの病院?札幌市立病院?

ネット上で、北海道のコロナウイルス感染者の入院先は、札幌市立病院ではないか?との噂が出ています。

結論から申し上げると、、、

感染者の入院先は、札幌市立病院と断定できる情報はありません。

ただし、新型コロナウイルス感染者の入院先は、限定されています。

理由は、次のとおりです。

理由:新型コロナウイルス感染者の入院先は指定

1月28日に、日本政府は、中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、感染症法に基づく「指定感染症」に指定する政令を閣議決定しました。

指定感染症には、感染力や重症度などに応じて1類感染症から5類感染症まで分類されます。


出 典:「新型肺炎】指定感染症になるとどうなる?」

1月29日現在、新型コロナウイルス感染症を、どの分類にするかは指定されていません。

ただし、新型コロナウイルスは、同じコロナウイルス「SARS」「MERS」と同様に、政令により、2類感染症に指定される方向で進められているとの報道があります。

そして、感染性や病原性の強い1類感染症、2類感染症は、診療する医療機関が定められています。

北海道内の指定医療機関は、次のとおりです。

【特定感染症指定医療機関】※「未知の病原体による感染症」と認定された新感染症を含め1類・2類感染症の診療

なし

【第一種感染症指定医療機関】※1類感染症と2類感染症の診療
市立札幌病院

【第二種感染症指定医療機関】※2類感染症の診療
市立函館病院
独立行政法人国立病院機構 函館病院
北海道立江差病院
八雲総合病院
市立札幌病院
独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター
札幌医科大学附属病院
独立行政法人地域医療機能推進機構北海道病院
小樽市立病院
JA北海道厚生連 倶知安厚生病院
岩見沢市立総合病院
砂川市立病院
深川市立病院
市立室蘭総合病院
苫小牧市立病院
総合病院浦河赤十字病院
市立旭川病院
独立行政法人国立病院機構 旭川医療センター
名寄市立総合病院
社会福祉法人北海道社会事業協会富良野病院
留萌市立病院
市立稚内病院
JA北海道厚生連 網走厚生病院
北見赤十字病院
広域紋別病院
JA北海道厚生連 遠軽厚生病院
JA北海道厚生連 帯広厚生病院
独立行政法人国立病院機構帯広病院
市立釧路総合病院
市立根室病院
弘前大学医学部附属病院

出典:厚生労働省HP

1月29日現在でわかる情報は、以上です。

なお、入院先として、「市立札幌病院」「江別市立病院」「東徳州会」と書いてあるツイッターやブログがありますが、確証はありませんので、ご注意ください!!!

ツイッター上でも注意を投げかけている方がいらっしゃいますね↓


ツイッター上で飛び交う入院先の病院名の噂 ※真偽不明